×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





星のなぎさ
☆ - カルフールカフェ - ★



プライベートビーチガーデン 「星のなぎさ」

 この日は午前中、小土肥海岸に釣りをしに行った。

 結局釣れなかったので、お昼をどうしようか迷ったあげく、

土肥から小土肥(おどい と読む)に行く途中にあるペンション

「星のなぎさ」に行ってみよう!と思い立った。
 
 ここは夕日の名所「旅人岬」が真ん前で、下には磯遊びもできる

きれいなプライベートビーチもある。
 



「星のなぎさ」のレストラン

 この「星のなぎさ」というペンション、3年ほど前にでき、パスタ専門店

も併営しているということは知っていたが、一緒に行く相手がおらず、

ひとりで行く勇気もなく、これまで入ったことはなかった。

 この日はなんだか吹っ切れて、旅人岬の駐車場に車を停め、

ぶらりとこのお洒落な建物に入ってみた。



パスタ&サラダ専科「カルフールカフェ」

 このように海が目の前。

 上の看板がペンション「星のなぎさ」
 
 下の看板がレストラン「カルフールカフェ」



あたたかい笑顔のもてなし

 満面の笑みで女性スタッフが出迎えてくれた。

 ひとりであること、ランチを食べたい旨を伝えると、店内に案内してく

れた。

 海に面した明るい店内。

 どことなく地中海風だ。(行ったことはないが)



窓の外には

 Takuの座った席から窓の外をパチリ。

 バルコニーにはヤシの木が。

 パスタランチ(1.300円)を注文。



前菜

 サラダとパンが運ばれてきた。

 予想していなかったものなのでちょっとびっくり。

 焼きたてのトーストにマーガリン、久しぶりに食べたが香ばしい。

 サラダにドレッシング。

 オリジナルだろう、このドレッシングも新鮮な野菜を引き立てる。

 そしてキノコのスープ。

 テーブルがにぎやかになってきた。

 うれしい演出だ。



シーフードのペペロンチーノ

 青い海のような食器に、シーフードの素材でまとめられた、

Takuの予想していたペペロンチーノとはかなり違うものだった。

 もちろんそれはいい意味で裏切られたということである。

 イカやエビはプリプリした食感で新鮮だったし、しっかりニンニク片が

入っていて香ばしい。

 鷹の爪の輪切りが入っていたが、辛味はそれほどなく食べやすかっ

た。

 これ、けっこう本格的です。



食後のコーヒー

 パスタランチに付いてきたコーヒーを飲む。

 平日2時近くということもあってか、お客はTakuひとりだったが、

先ほどの女性スタッフが話し相手になってくれて、楽しい時間を過ごす

ことが出来た。

 こんなイイ感じのお店ならもっと早く行けばよかった。

 またヒマな休みのときにでも来ようと思う。



旅人岬からの夕日

 「星のなぎさ」前の旅人岬からの夕日。

 いつか宿泊してみたい。



ナスとキノコのトマトクリーム

 しばらくして再び訪れてみました。
 
 この日もパスタランチを注文。
 
 ナスとキノコのトマトクリーム。
 
 スライスされたナスとエリンギの食感がうれしい一品。
 
 ソースはトマトソースに生クリームを加えているのでしょうか、

 滑らかで豊かなコクが印象的な、見た目にも楽しいスープパスタ

でした。

 この日は私のほかにお客さんが多く、スタッフも忙しそうでした。

 そんな中、男性スタッフがコーヒーのおかわりをすすめてくれて感激!

 また、この前は気が付かなかったのですが、窓の外のバルコニーに

はかわいいウサちゃんが!

 食べておいしく見て楽しいカルフールカフェでした。



キノコとホウレンソウのコンソメ仕立て

再び2週間後に行ってみました。

本日のパスタランチはキノコとホウレンソウのコンソメ仕立て。

ニンニクの香りが効いていて、ベーコンも入っており、

ペペロンチーノのスープスパみたいなカンジでした。

これ、好みです!

これなら作れそう。



ホットケーキ

この日はとてもお腹が空いていたので、もう一品注文してみました。

あれこれ迷ったあげく、ホットケーキをオーダー。

こんな綺麗で可愛らしいホットケーキ、初めて見ました。

見て満足、食べて満足、この日はお若い支配人さんとも少し話し

ができ、楽しく過ごせました。



窓の外には旅人岬

窓の外には冬の青空と旅人岬。

テラスのツリーは夜はライトアップされるようです。



ボンゴレ・ロッソ

 3月8日、久しぶりに訪れてみた。
 去年来た時、とびきりの笑顔で迎えてくれた子を初めとして、
 スタッフがすっかり入れ替わってしまったのには驚いた。
 会計時にきいてみると「無双庵枇杷」に移ったとのこと。
 アサリのボンゴレは薄味で風味を生かしきった絶妙の味付け。
 おそらくここのパスタは西伊豆一だと思う。



プラウザの「戻る」でお戻りください

トップへ
戻る